保育士の資格

保育士の資格

乳児から就学前の幼児を保育するために必要な保育士の資格を持った人のことを保育士といいます。保育士の資格を取得することで活躍することができる場所は多岐に渡ります。保育士と聞くと保育所をイメージすることが多いのですが、この他にも障がい児の自立や発達を支援する療育施設や何らかの理由で療育する保護者がいない子どもを受け入れる乳児院や児童養護施設、自宅で子どもを保育してもらうことができる訪問型保育、医療機関などで入院する子どもたちに遊びやコミュニケーションの機会を提供する病棟保育、生まれた新生児のお世話や保護者へのアドバイスを行う助産施設、託児ルームが併設されている商業施設などもあります。

保育士は年々減少傾向にある職業ですが、保育士資格を持っていても保育士として働いていない潜在保育士も多く存在します。これら潜在保育士がより多く保育の場に復帰し、待機児童問題を解消することができるように、国も保育士の労働環境の改善に取り組みだしています。

保育士が減少傾向にあるのに対して、共働きの家庭が増えていることから保育士を必要とする場所は増えており、さらに保育時間内に幼児教育を行う、24時間体制の保育など保育に関するニーズが多様化してきている中で、資格を取得するだけではなく、高いスキルや専門的な知識を豊富に持った保育士が求められる時代になっているのではないでしょうか。

当サイトでは、保育士になるための資格について紹介します。


~~ 潜在保育士に関する外部リンク ~~
仕事を探している方なら一度は求人サイトを見たことがあるでしょう。その中でも、潜在保育士の方に向けた求人サイトがあるのはご存じでしょうか。労働環境の改善に取り組みだしている今こそ、様々な情報が分かる保育士の求人サイトを活用してみて下さい > 保育士の求人